工業の製品の品質管理

工業の製品の品質管理について

日本の工業製品は世界トップ水準

戦後、日本が先進国の仲間入りを目指した頃には、工業製品は安かろう悪かろうと揶揄されるほど、品質レベルは決して高くはなく、粗悪品もありました。しかし、世界で受け入れられるには品質レベルが高い事が必要だと気付くと、アメリカなどから科学的品質管理手法を導入し、合わせてボトムアップのためのQCサークル活動等を現場に定着させる事でレベルアップを図って来ました。また、日本が豊かになると共に、消費者の品質に対する目も非常に厳しくなり、こうした強い品質要求に応える事で、現在では日本の工業製品は厳しい品質管理の下、安全性や信頼性を含めて世界最高水準の品質レベルを確保するに至ったのです。

工業製品をつくる仕事

工業は原材料を加工して商品価値のある生産物を作ることである。原材料を加工して製造した生産物は他の製造業者に渡されてさらに加工されるなど過程を経ることが多いです。原材料を加工した製造業者から二次的に加工する製造業者に渡される生産物は単に製品と一般に呼ばれます。そして原材料から最終的に消費者が購入する状態にまでいたったものを工業製品という。製造業は原材料から販売までにいくつもの製造業者や輸送などの多くの事業と関わるので他の産業に影響を与える波及効果があると言われています。自動車のような大量の部品や工場施設を必要とするものほど波及効果は高くなります。

↑PAGE TOP