システム構台とは

システム構台の活用方法

システム構台の使い方

システム構台は、高所における作業を効果的に行ううえで使い勝手の良い製品として扱われることがあります。このような製品の耐久性については、それぞれの素材によって、大きな差が出ることがありますが、信頼度の高いメーカーに問い合わせをすることで、長い期間にわたって安全性をキープすることが可能です。また、システム構台の使い方をマスターするにあたり、各メーカーのパンフレットを参考にすることがとてもおすすめです。

開発が進むロボットケーブル

産業用のロボット配線に使われる電線をロボットケーブルといい、電気が通る金属部分である導体と周りを包む絶縁体やシースを指します。絶縁体はフッ素系などがあり、導体を覆い保護する大事な部分です。屈曲させることが多いため各メーカーは素材を工夫し独自の市場を形成しています。日本国内では電気用品安全法に則ることになりますが、高屈曲タイプのロボットケーブルに使われている新素材に関しては合致する規格が整備されていないのが現状です。

↑PAGE TOP